物心ついた頃から お肉は嫌いだったと思います。母がやはり嫌いだったのか 食卓にのぼる肉料理というとひき肉を使ったものが多かったように記憶しています。それも肉嫌いの原因の一つなのかもしれません。主婦になり家族のために料理をするようになって 子供や夫のためにお肉を使った料理をしていますが 自分としてはあまり作りたくないというのが本音です。それに引き換え 野菜は大好きです。嫌いな野菜というのは 基本ありません。もちろんまだ食べたことのない野菜というのもありますから 全部好きとは断言できませんが たぶん好きな食べ物と言えば 野菜全般と答えてもいいかもしれません。

私は沖縄の紅いもタルトが本当に大好きです。
初めて食べたのは中学生の頃、沖縄へ修学旅行に行ったときです。
もともとタルト系の食べ物は好きだったので興味本位で買ってみただけだったのですが、これが大当たり。
あまりの美味しさに驚いてしまいました。
一緒に買った友達に少し分けてもらったり、次の年には後輩にお土産で買ってきてもらったりと普段あまり食べ物に執着しない私が異常なまでに食いつくものになるくらいだったのです。
今ではネットでも買えるようになり、定期的に購入しています。
何度食べてもいつも美味しいと思える素晴らしい食べ物だと思います。

私はにんじんが大嫌いで昔からずっと食べられませんでした。
しかし大根やきゅうりは好きなのでよくコンビニで売っている野菜スティックをよく購入します。
残ったにんじんは家族や友人などそのとき周りにいる人に食べてもらうようにしていたのですが、ある日1回くらいにんじん食べてみたら?と勧められました。
あまり気は進まなかったのですが、マヨネーズをつけて食べてみると思ったよりもずっと食べられる味でした。
美味しいとまではいきませんが、それ以来大嫌いだったにんじんに対する抵抗感も少し薄れました。
ただ湯通しするとやはり香りが強くなるので食べるのは難しいままです。

子供の頃から大好きなお豆腐。お豆腐だけでなく厚揚げも油揚げも大好きです。サラダバーでも大豆や枝豆を山盛りでトッピングしちゃうほどの大の豆好きな私ですが、ねばねばの納豆だけは絶対ムリ!なんです。もう、なんでねばねばさせちゃったの~って感じで、納豆菌とかいらないからそのまま食べさせて!って思っちゃいます。家族は納豆大好きで朝食によく出てきますが、朝から納豆の臭いにちょっとテンションが下がってしまう程です。身体にいいよと薦められますが、なによりあのねばねばが苦手です。口の中がヌルっとするのが耐えられないんです。臭いも苦手ですが、味はおいしいかなとも思うんですよね。もし、ねばねばしてない納豆があったら私でも食べれるかも?!誰か作ってくれないかなぁ~

バナナに含まれる栄養素として、カロテン、ビタミンB?、B?、C、カリウムや食物繊維、ペクチン、オリゴ糖を含んでおり、リンゴ酸も含み、整腸作用や高血圧の予防、疲労物質の乳酸を分解します。この栄養素の効果で疲労回復を促進し、血液をきれいにすることから美容・健康にばつぐんです。肌荒れに効果があり、健康に役に立っています。それに、バナナ一本食べるときには牛乳や飲むヨーグルトを飲み、さらに健康抜群です。バナナの主成分は炭水化物で、バナナ一本当たりのカロリーはごはん一膳ぶんに相当し、エネルギー量は果物の中でもトップクラスで、このバナナ一本で一日の一回の楽な食として朝ご飯はこれだけにしていたらダイエットもできて大好きな食べ物です。

ヨーグルトは、濃縮した牛乳を乳酸菌で発酵させてつくります。カルシウムやたんぱく質が豊富なうえ、乳酸菌の作用でたんぱく質やカルシウムが分解されているために吸収されやすい状態になっています。ヨーグルトの乳酸菌は、善玉菌のビフィズス菌を増加させることで腸内の有害物質の生成を抑え、便秘や大腸がんを予防します。美容にとても有効です。ヨーグルトを古くから常食してきた村がブルガリアで発見され、100歳を超す人が多かったことから、長寿食として世界的に有名になっています。日本では昭和25年ごろから普及し、わたしは、ヨーグルトが普及した頃から、毎日のようにヨーグルトを食べていたので健康で相当な長生きができそうで大好きです。

好きな食べ物は焼き餃子と一瞬で答え続けて何十年の私ですが、妊娠してからは、つわりのせいで嫌いな食べ物に変わってしまいました。あんなに好きで皮から手作りしたり、タネも独自の味付けを編み出していたので、嫌いになった事がとても辛いです。ここ最近は餃子がブームになっているようで、朝の情報番組でも餃子の特集がされたり、餃子女子なんていう言葉も聞くようになってテレビでも餃子を良く目にするのですが、目を背けてしまいます。パリパリの皮、ジューシーなお肉、ニラやニンニクの香味野菜から出る旨みとキャベツの甘みなどが好きでしたが、ニラやニンニクの香りが刺激臭となってしまい、生肉も触れなくなってしまいました。早くつわりが完全に終わって餃子をまた楽しめるようになりたいと思っています。

偏食なうえに食わず嫌いもある私。食べ物の見た目も入るので、好き嫌いが激しく食べれないものが多いので、初対面の人とご飯に行くのが苦手です。刺し身などの生ものや、ホルモンは全くダメで、逆に焼いたサンマ、ホッケ、シャケだけは大好きです。フカヒレなどの高級食材も、松茸などのキノコ類も全然ダメです。一番困るのが、ホテルや旅館に泊まった時の食事で、懐石やご当地料理がほとんどムリなので、絶対に、朝食も夕食もバイキングです。ただ、昔は好きでよくランチで食べてた明太子パスタ。今では、食べるとなぜか頭痛がしてくるので、食べれなくなりました。唯一、これだけがショックです。

夏になって嬉しいのが、マンゴー味のスイーツが多く出回ることです。
ファミレスにはマンゴー味のパフェがメニューに追加されるし、
コンビニにもマンゴーゼリーやマンゴープリン、マンゴーアイスが並びます。

実は、生のマンゴーはあまり好きではありません。
なんだかあの種のまわりの筋というか繊維というか、
あれが歯と歯の間にはさまる感じがして落ち着かないというか、
おじいさんのひげを食べているみたいなイメージがわいてしまって、
どうも苦手なんです。
でも味は大好きなんです。

だからマンゴー味スイーツが一番幸せな気分で食べられます。

朝ご飯はトーストで済ませる派です。
ただし、トーストにはちょっとこだわりがあって、ただあぶるだけではないんです。

私が最近リピートしているのが目玉トースト。
食パンの耳にそってマヨネーズを一周、絞り出してから、
真ん中に室温に戻しておいた生卵を落とし、それからトースターに入れます。

普通のトーストの時に5分焼くんだったら、だいたい8分くらい焼いたらいい感じです。
焦げたマヨネーズの香ばしさと、半熟の目玉焼き状態になった玉子の相性が抜群で、
朝から幸せな気分になります。タンパク質もしっかり取れるし、おすすめです。